津田沼の「無限大」でホルモンラーメンを食べた

東京方面から総武線に乗っていると、津田沼駅に到着する直前に線路沿いにある飲食店らしきお店が目に入った。店頭の赤いのぼりには「ラーメン」の文字が。津田沼での用事が終わった後、なんとなく行ってみたら「無限大」というラーメン屋さんだった。

津田沼の無限大

まー、ちょっと暑いかな…と思いつつも、熱いもので暑さを制するというのも悪くない気がして入ってみた。店内はカウンターが中心のレイアウト。席に着こうとしたら、店員さんにチケットを買うように促された。フツーのラーメンを食べておくか…という気もしたけれど、ホルモンが気になってホルモンラーメンにしてみた。

席に案内されて、水を一口飲んだら目の前にある「にんにくケース」があることに気づいた。手書きのラベルで「にんにく」が入っていることは分かったが、ぱっと見た感じではにんにくっぽくないなぁ…っと思ったら、刻んだにんにくを醤油的な何かに漬けたものだった。これをラーメンの上に乗せろってことか…これはまたなかなか楽しみ。

にんにくケース

にんにくケースを調べ終わった後、しばらく待ってたら堂々の「ホルモンラーメン」の登場。なかなか強烈なビジュアル…(笑)背脂がたっぷり浮いてる醤油スープに、たっぷりとしたもやし、分厚いチャーシュー。そして煮込まれているであろうホルモン。ホルモンはラーメンのスープとは別に煮込まれているようで、ホルモンの周りのスープの色が変わっていた。ホルモンをいくつか食べてみたけれど、これがまたビールが欲しくなる味付け。いや、ラーメンのトッピングではあるんだけど…(笑)。

ホルモンラーメン

麺は太め。麺をかみしめる食感がなかなかいいなぁ。ワシワシと麺をすすると、ラーメン食べてるなぁという感じがしてくる。

麺は太め

あと、存在感を示しているのが、このチャーシュー。厚みもあって、かぶりついて噛み切るのが楽しいチャーシュー。

無限大のチャーシュー

ほどほど食べたところで、味に変化をつけるべく、にんにくケースから醤油漬け刻みにんにくを投下。醤油漬けにんにくは、生にんにくほどの鮮烈さはないけど、その分、醤油ラーメンとの相性はいい感じ。ご飯のお新香のように、時々、少しずつ醤油漬けにんにくを食べていくと実にいいアクセントになった。

刻みニンニクをタレに漬けたもの

学生がガヤガヤ食べる系のラーメンではあるけれども、なんとなくガツンとパンチのあるラーメンを食べたくなったときには津田沼にやってくることにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です