「麺処 直久」南船橋ビビット店に行ってみた。

船橋の親水公園あたりで、ふなばしハワイアンフェスティバルが開催されるということでチラ見した帰りに、ビビット南船橋に立ち寄ってみたら、こんなお知らせが出ているのを見つけた。

ビビット南船橋に出ていた掲示

ビビット南船橋のフードコートに新しいラーメン屋さんがオープンしたらしい。お店の名前は「麺処 直し久」というらしく、読み方は「なおきゅう」と読むようだ。

その場でざっと調べてみたが、どうやら、老舗ではあるらしいけど、首都圏のショッピングモールなどに何店舗も展開しているみたいではあった。

ビビット南船橋のフードコートは、ちょっと広い感じもするが、直久がオープンした店舗の隣は閉店したままだったから、その影響かもしれない。フードコートにははなまるうどんや、ぼでぢゅうがお店を構えていた。

フードコートに出店している「はなまるうどん」

フードコートに出店している「ぼでぢゅう」

そして、オープンしたての「麺処 直久」は、こんな感じだった。オープンしたてだからか、御客さんが多いからかはよくわからなかったけど、なんとなく店員さんが多いような気がした。そして、お客さんが次々と訪れていた。

ビビット南船橋にオープンした、「麺処 直久」

とりあえず、人気があるらしい、コク旨らーめんの醤油のチケットを購入してみた。ショウユ以外には、塩と味噌があって、選ぶことができるが、味噌はちょっと値段が上がるようだった。チケットを店員さんに渡すと、代わりに手渡されたのが、この呼び出し装置。

フードコートによくある呼び出し用の機械

到着したのは、こんな感じのラーメン。フードコートにしてはちょっと高いかなぁという気もしたが、フードコートの料金設定ってこんなもんかな。

スープをすすってみたら、昔ながらの東京ラーメン…のようでではあるけれど、確かにコクがあるスープ。スープの表面には油が浮いてはいるけど、軽い油がいい感じ。でも、コクもあるけど、多少なりとも甘味があるスープって感じでもあるな。

あと、ラーメンに乗ってるチャーシューには何気に鶏ムネ肉のチャーシューが混じっていた。細かい芸当だなと思いつつも、奇をてらった感じはなくて、普段、食べたい感じのラーメンでもあった。

こく旨らーめん 醤油

麺はオーソドックスな印象。この辺も普段、食べたいと感じる要素かもしれない。

麺は太すぎず、細すぎず

今回は、コク旨いらーめんを食べてみたが、他には純鶏らーめん、鶏x秋刀魚つけ麺、煮干しらーめん、とんさいらーめんなど。メニューは多めで飽きない。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です