船橋の「タイ食堂 チャンカーオ」でこまつなう

というわけで、今年も「こまつなう」のシーズンが到来。「こまつなうの公式サイト」を眺めながら、小松菜料理を食べに行くお店を検討したところ、JR船橋駅の北口を出て、ちょっと歩いたところにある「チャンカーオ」に出かけてみることにした。

「チャンカーオ」は、船橋駅北口の住宅街の中、一見すると民家のようなたたずまいのお店。

タイ食堂 チャンカーオの外観

店内は、簡単な感じの椅子と机が並んでいた。そっと座って店内を眺めてみると、こまつなう限定メニューの紹介が貼ってあった。あと、小松菜限定メニューを組み合わせた、お得なランチセットも提供されているようだった。

  • 小松菜タイボール
  • 小松菜サワー
  • 小松菜生はるまき
  • 小松菜Ver タイ風タコライス
  • 小松菜プリン

こまつなタイボール…。うーむ、タイのウィスキーを使ってるんだろうか。

こまつなうメニュー

とりあえずの1杯には、こまつなう限定メニューの中から、小松菜サワーを選んでみた。ぱっと見、かなりの小松菜たっぷり感。ま、地元、船橋産の小松菜を堪能しに来たわけだから、これはおおいにあり(笑)

小松菜サワー

加えて、こまつなう限定メニューの中から「小松菜はるまき」を。生春巻きの皮と、生春巻きの具の間に小松菜が挟まれていて、ぱっと見で小松菜感が溢れる逸品。小松菜にはクセがないので、生春巻きに挟まれても、他の素材とケンカすることなく、「小松菜はるまき」として成立していた。

小松菜生春巻き

小松菜生春巻きには、スイートチリソースを。見た目も美味しそう。

小松菜生春巻きにスイートチリソース

小松菜サワーを飲み終えた後で、もう1杯ってのもあれだったので、せっかくタイ料理のお店にやってきたってことで、ちょっと雰囲気を変えてパクチーサワーを注文してみた。ま、見た目は小松菜サワーと変わらないような気もしつつ。

パクチーサワー

そして、登場したのが空心菜炒め。やはり、タイ料理のお店では空心菜炒めを頼まずにはいられない…(笑)

空心菜炒め

続いて、焼きとりを。串に刺して、タレをかけた和風の焼き鳥を想像したわけではなかったけれど、こんな感じの焼きとりが登場するのもなんか意外な感じですが、これまた美味しい。パクチーと、エキゾチックなつけダレがイイ感じ。

…たしか、焼き鳥

こまつなうメニューを食べつつも、結局はチャンカーオのタイ料理を堪能して帰ってきた。でもまぁ、地元産の小松菜も堪能しつつ、地元のお店を発見するイベントとしてはなかなかいいんじゃないかなぁ、こまつなう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です