下総中山の中華料理屋さん「八蔵」で八蔵メンを食べてきた

JR下総中山駅の北口から出て、国道14号に出ようとすると目にはいるのが、中華料理屋さんの「八蔵」。前々からお店の存在は知っていたけど、いかにも地元の老舗って感じがして入りづらいような気がしてたけど、今回は覚悟を決めてランチを食べに行ってみた。

下総中山駅前の「八蔵」の外観

下総中山駅前の「八蔵」の外観

店頭には食品サンプルが置かれているショーケースが置いてあって、町の中華料理屋さんの雰囲気を醸し出している。

下総中山駅前の「八蔵」のショーケース

下総中山駅前の「八蔵」のショーケース

意を決してお店に入ってみたけど、店内はフツーの中華料理屋さんの雰囲気(…ま、当然か)テーブルが数卓と、カウンター席が4つくらい。カウンター席でメニューを眺めてみたら、さすがは町中華。かなりの数のメニューがあって、夜は中華料理をつまみに飲めそうな雰囲気。

…だけど、ランチなので、お店の名前を冠している「八蔵メン」にしてみた。

下総中山駅前の「八蔵」の「八蔵メン」

下総中山駅前の「八蔵」の「八蔵メン」

ほどなくして到着した「八蔵メン」はこんな感じ。豚肉、白菜、キクラゲ、竹の子、ピーマン、人参などの具がたっぷりのタンメンに、とろみが付いててアツアツの状態で出てきた。ちょっと飲み過ぎた翌日の荒れた胃には、こういう滋味溢れる一杯がぴったりだった。

下総中山駅前の「八蔵」の「八蔵メン」

下総中山駅前の「八蔵」の「八蔵メン」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です